風水とは? - 風水吉凶方位の地図表示

風水とは?
風水(ふうすい,feng shui,phong schway)は中国で発祥した自然哲学です。ここでは、風水の成り立ち、風水で解ることについて説明します。

風水



風水では、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福(託宣)を決定し、気の流れを物の位置で制御する思想・学問とも言われています。

風水には、目に見えるもの(土地、地形など)で判断する「巒頭(らんとう)」と、目に見えないもの(陰陽五行、八卦、易、方位など)で判断する「理気(りき)」があります。

巒頭(らんとう)は、形法、形勢派、巒体派などと呼ばれ、巒頭派と まとめて呼ばれることもあります。龍脈のお話しがでてきたり、背後を山に囲まれた海辺がいい場所であるといった例を持ち出す風水師さんは、巒頭派です。
巒頭では地理五訣(ちりごけつ)は、竜・穴・砂・水・向の5種類で判断します。
竜・・・土地の起伏や山脈など。起伏が多い土地は気が集まり、起伏が少ない土地は気が集まりにくい。
穴・・・竜よりも気が集まる土地。災難から守ってくれる。
砂・・・穴の周りの土砂や建物。健康運への影響を見る。
水・・・穴の周りの道や川など。金運への影響を見る。
向・・・建物が向いている方向の逆方向。建物の良し悪しを見る。

理気(りき)は、理法、理気派、屋宅派などと呼ばれ、理気派と まとめて呼ばれることもあります。吉凶を占う、生年月日や性別をもとに占う風水師さんは、理気派です。理気派の一部には、風水だけでなく日本で発達した風水以外のもの(九星気学、陰陽道、四柱推命)をブレンドしたパターンもあります。

本Webサイトで紹介している「吉凶方位」は理気派風水です。

(本来の)理気派では、方位の吉凶を重視し、個々人の生年月日・性別によって決定される『方位の吉凶』にもとづき住居や墓の方位、住居内の配置などを決めます。

[リンクフリー]
本サイトは リンクフリーです。ブログ,Twitter,ソーシャルブックマークなどで紹介していただけると助かります。