風水と色 - 風水吉凶方位の地図表示

風水と色
風水と色の関係について考察したページです。風水と財布についても紹介しています。

風水



風水(占い)では 「黄色の財布がいい」「名刺にいれるなら緑の線」のように「色」がよく登場します。色の根拠は、風水のベースとなっている「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」が関係しています。

陰陽五行(いんようごぎょう)説は、陰陽説(いんようせつ)と五行説(ごぎょうせつ)という2つの思想から構築されています。

陰陽説(いんようせつ)は、この世に存在するすべてのもの・行動・考え方が「陽」と「陰」の2つから成り立つという考えで、正/負、男/女などの正反対の事象が表裏一体となって起こり、プラスとマイナスがあることでバランスがとれいているという思想です。

五行説(ごぎょうせつ)は、この世に存在するもの・現象が「木」「火」「土」「金」「水」の5つの元素から作られているという考えで、生活に必要なもの、自然界・宇宙・人生のすべてが解明できる原理であるという思想です。

陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)は、この世に存在するすべてのものは 「陰陽」と「五行(木火土金水)」の10の要素で構成されているという思想です。

五行の元素と、色・方位・季節との関係は 下表のようになります。
五行の元素方位季節
中央土用
西


木が青!? 水が黒!? と 納得しずらい面もあります...木や水そのものではなく、元素エネルギーだからです。
また 「水だから 水色、青がよい」「金だから 金属、メタル、銀色」「水と相性の悪いのは茶色」などという風水師さんもおられたりして...それは 色彩学でないのかと疑問に思ったりします。

五行説の元素で考えると、相剋(そうこく)という相性の悪い組合せ、相生(そうじょう)という相性の良い組み合わせがあります。
相剋(そうこく)には、木剋土、火剋金、土剋水、金剋木、水剋火の5種類があり、
相生(そうじょう)には、木生火、火生土、土生金、金生水、水生木の5種類があります。

本Webサイトの「風水吉凶方位の地図表示」では 偏角を考慮した方位地図が作成できます。吉凶方位を正確に知りたい方はご利用ください。

[リンクフリー]
本サイトは リンクフリーです。ブログ,Twitter,ソーシャルブックマークなどで紹介していただけると助かります。